Posts Tagged ‘両方’

ヨーロッパ

8月 12, 2008

香港の経済の下半期の調整の幅は重大過失の市場は予想するかもしれません。筆者は、香港の輸出は周りの情況の影響の程度を受けて過小評価されて、香港の経済は広東の産業の空腹の化の影響を受けて過小評価されて、香港のインフレの圧力は過小評価されて、暴騰する借り賃の中小企業に対する打撃は過小評価されて、就職市場の逆転するスピードは過小評価されますと思っています。スイスの貸付けは2008年の年間GDPの増大する予想を4.3%から3.9%まで下がって、市場の上で現在の最低の予測がです。

6月に香港は輸出して0.6%下がって、輸入微増の1.3%だけ、5月と増加の10.3%と輸入を輸出して15.4%が鮮明な対比を形成することに増大します。月間の貿易の数字が揺れ動くのはわりに大きくて、そして華南地域の暴雨の天気の影響を受けて、完全にすることができますとは限らないのが正確です。しかし、当港の中国内陸とヨーロッパの地方間貿易に対するせっかちな転ぶこと、全世界の経済が緩めることを反映して、すでに米国のからその他の地区に向って広がることを始めました。貿易の香港の経済の中の地位はある程度下がりますけれども、依然として香港GDP27%を占めて、そして80万の就職の機会(貿易のサービスと物流を含みます)を造っています。経済の中で第1次産業の輸出は用事(事件)があって、香港がありにくいのは良いです。

コストは政策の上の向こう見ずに進むことに激増してと、すでに広東省の大量の中小企業を破産のへりに推し進めました。産業の空腹の化はこれは前世紀の90年代にたくさんのアジアの経済の恐れおののく現象をさせて、きっと広東省で再演します。東莞企業の大量の引っ越すこと、閉鎖、きっと広東省の不動産、物流業、サービス業に対して衝撃を構成して、同時にどうしても香港の経済のためにマイナス影響をも持ってきます。

香港のインフレは迅速に上昇する中で、エネルギーと食品の価格がかなり高い程度を保持して、人民元の価値が上昇する同時にまたドル安になります。借り賃は今年来更に30-50%急騰して、すでにインフレの主要な動力になりました。契約が関係するため、借り賃はインフレの影響に対して普通は2年の周期があります。借り賃は本日以降たとえもう上昇しないとしても、借り賃は依然として今後の2年に引き延ばしてCPIに上がることができ(ありえ)ます。筆者は今年CPIが6%に達することができることを見積もります。もし政府のを取り除いて租税を減らして差の給料を免れるならば、インフレは更に6.9%に達します。曾蔭権特区長官の近ごろ出すゆるやかなインフレの措置、メディアの効果の重大過失の実際的な効果。

商業の借り賃は去年から急速に上昇して、企業、店舗、に対して4食べて重大な利潤の圧力を構成します。幸いに内部の需要は盛んで、販売は活発にさせて、部分の企業も値上げする能力があります。しかし、下半期の経済活動に従って緩めて、消費者の実際的な購買力は滑り降りて、小売り額は高位で維持しがたくて、企業も経営策略を調整して、そして閉めるいくつかの店舗があります。現在の香港のかなり高い程度を保持する商業の借り賃のレベル、下達中でと景気循環は決してマッチングしません。

非常に熱い就職市場はここ2年の内需の盛んで滞りがない重要な支持です。しかし企業の利潤の将来性に従って回転するのが薄くて、給料が上昇してと新しい職務が生んで皆停滞して、就職市場はハイエンドの専門の人から低い技能の労働者まで(へ)現れて全面的に逆転するかもしれません。株式市場、不動産市場の財産の効果を足して、収入の増加ははっきりと現れて曲がることを見積もって、消費する自信は次第に弱くなります。
シンガポールは今年第1四半期にGDPは依然として6.7%の増加を記録して、しかし第2四半期微増の1.9%だけまで(へ)。これは開放型の小さい経済を予告しているようで、開始の期限の基礎の顔は悪くないけれども、しかしも大きい環境の変化に反抗しにくくて、資産の価格、消費する情緒は次に勢いを回転します。

インフレがブームになるのは現在の香港の直面する1つの際立っている難題で、ドルの弱い勢いはその中の1つの重要な原因で、香港ドルの連動為替レートはそのため関矚を受けます。筆者は香港ドルの連動為替レートの存在する価値が論争することができると思って、北京はしかしそれとも香港政府は現在すべて“ドルを注視します”の政策の政治の胃を調整していないで納めるのに関わらず。香港ドルの連動為替レートはしかし未来消えてなくなることはでき(ありえ)ないことを予見して、香港の経済は依然として米国の軍事用の車両の上で縛ることができ(ありえ)て、ドルの利率、為替レートの影響を受けます。今後の2年の米国の経済は当港の経済に対して、結論的にマイナス面の要素は多く正面の要素を過ぎます。
もちろん香港の情勢はそしてあまりに欠けますとは言えません。有担保ローンのコストが低くて借り賃のコストを過ぎて、不動産市場のために支持を提供します。金融の企業は大量に決して劣っていることに足を踏み入れて製品を貸し出しなくて、だから金融の基調は依然として穏健です。中国の経済が反落があってしかし大きい危機がなくて、周辺の経済を安定させることができます。企業と個人の借金するレベルは高くなくて、必要は遠いわずかな過失の米国、ヨーロッパを調整します。
しかし経済成長7-8%のの時期にすでに過去になって、出稼ぎ男が支配人の現象を炒めてできるのが少なくとても多いことを信じて、借り賃も調子に現れて帰るかもしれません。筆者は当港の不動産市場を見積もって、12ヶ月は今後に空間に下がる10%ぐらいのがあります。
高いインフレの時に利炒楼、香港人の伝統の知恵です。でも今日直面したのはインフレがブームになるのなだけではなくて、緩める経済があります。経済は景会は企業と個人のキャッシュフローの上の困難を持ってこないで、資産の価格に対して圧力を構成します。これは現在のインフレで、過去と20年間のインフレの最大の不一致。就業するリスクが増大する時、節度がないことのが借金を増大するのは取る価値がありません。滞った膨張する環境の下の投資の道は、資産の価格調整を静観して、今後の底値で買うことために弾薬を備蓄します。

財務コンサルタント
人事コンサルタント
マーケティング
生産・物流コンサルタント
未経験 コンサルタント